→ 市議会議員時の政策課題と達成率
■県政の課題に対する取組と提案に対する達成状況
(平成27年度は赤)
(平成28年度は青)

行財政改革の推進

 ・ 税収入の確保(特別徴収率の向上・収納方法の多様化)
→H27年11月一般質問にて、特別徴収の一斉指定について進捗を確認。H29年度から開始。県・市町村含め5億円の増収効果が期待できる。
 ・ 税外収入の確保(ふるさと納税額向上・広告収入の確保)
→H27年11月一般質問にて、県有地・建物の未利用について確認。
 ・ 官民連携による経費の抑制・適正化(PPP・PFI・指定管理などの活用)
→H27年11月一般質問にて、県有施設のエスコ事業積極的な導入を提案。
→H29年1月公民連携による北関東創生セミナー参加
 ・ 職員提案制度の活用(当事者意識の醸成と人材<財>の活用)
→H27年6月総務企画常任委員会質疑にて、取り上げる。
 ・ 県予算・決算を科目別経年比較し、自身の監査機能の向上(市議時代に実施済み)
→H28年度予算から開始。今後も実施予定。

医療費の適正化

 ・ 県民の健康づくり、健康寿命の向上と予防医療の取組み
→H28年9月一般質問ぐんま元気の5か条の取組について確認、更なる推進を要望
 ・ ジェネリック医薬品の使用構成比向上の推進
 ・ レセプトデータを活用し医療費・医薬費の適正化の取組み
→H28年9月一般質問県内の病院頻回転患者への対応について確認
 ・ 健康経営(ヘルスマネジメント)意識の醸成と推進
→H27年11月一般質問にて、県の健康経営についての考え方を質問。県側から「全国健康保険組合ぐんま支部と『県民の健康づくり推進に向けた包括的連携協定』を締結予定と答弁。H28年1月下旬締結。
→H28年9月一般質問

定住人口増加に向けた取り組み(力合わせる200万の堅持)

 ・ 自然や環境の素晴らしさ、首都圏近郊の利点をPRし 移動人口の増加
→H28年3月22日 東京都有楽町の交通会館内にあって移住支援を行う「ぐんま暮らし支援センター」視察。受入側の体制整備も大切であることを学ぶ。
→平成28年8月フロア移転し支援員も増強した「ぐんま暮らし支援センター」視察。9月一般質問にて取り上げ、翌日読売新聞に掲載される。
 ・ 群馬県のブランド力向上(県民皆様の発想や発信力の活用)
→H28年3月総務企画常任委員会にて、@銀座にある「ぐんまちゃん家」2階イベントスペースの更なる活用やA都道府県の魅力度ランキングの向上について質疑。
 ・ 中学生まで医療費無料のアピール
→28年9月一般質問で取り上げ、更なるアピールの強化を県に要望。また、それに伴う国のペナルティーの廃止を働きかけるよう要望。
 ・ 子育て支援の充実
 □ 子ども子育て新制度の定着及び実態の調査
 □ 保育園に看護師配置の助成提案
 □ 保育園1歳児の保育士定数見直し(1歳児5人:保育士1から4:1へ)を提案
 □ 放課後児童クラブの制度充実
→平成29年4月から茂呂地区にあおば児童クラブ第2開設。
→伊勢崎私立保育園会からの要望があった保育士確保について、H27年11月一般質問で取り上げる。県側から「保育フォーラム イン群馬の開催(当日視察)や保育士資格取得試験を年1回から2回出来るよう国に要望している」との答弁を確認。H28年から試験2回開催予定。また、業界大手の保育士人材派遣会社会長と意見交換(H28年2月29日)を実施。
→平成28年9月一般質問にて、家族を増やしたくなるイメージ作りの強化・男性特定不妊治療制度の周知の強化・働き易い職場つくり制度「いきいきGカンパニー認証制度」の更なる浸透を県に要望。

産業振興の提案(雇用の確保)

 ・ 中小企業振興条例の研究
→小規模企業振興条例案がH28年3月に議決。
→市内南部の企業数社の要望を県に伝える。また、平成28年9月一般質問にて、中小企業の受注確保や販路拡大についても要望。県内外の技術展示会視察。
 ・ 企業誘致を図る産業団地の推進(栃木県産業団地面積の半分程度にとどまって
   いる)及び優遇措置の研究・提案
→総務企画常任委員会の所管である企業局へH27年6月質疑を行う。
→市の要望を踏まえ、市選出5県議で産業経済部長に新工業団地誘致を要望。→企業誘致推進本部で本市で物件が内定。
 ・ 総合評価落札方式など地元企業が受注しやすい制度を研究・提案
→県土整備部常任員会にて、県内企業育成のための総合評価落札方式を含めた入札制度の時限的措置(指名競争入札を1億円未満まで拡大適用)の延長を要望。平成29年度も延長決定。
 ・ 農業法人や農業経営の研究・提案

教育行政の充実

 ・ 学力の向上(スクールカウンセラーの勤務時間拡充や臨時介助員の確保)
   と体力の向上(運動の大切さ・スポーツ施設の充実
 ・ いわゆる貧困の連鎖を解消するための、生活困窮世帯の学習支援
→28年5月21日県生涯学習センターにて生活困窮世帯の学習支援について講演会受講。
 ・ 重度心身障ガイ児施設の充実
 ・ 郷土芸能・文化の保護育成
  (地域活動への積極的な参加促進・日本の文化や道徳心の素晴らしさの再認識)
→茂呂地区お囃子保存会から頂いたアドバイスを山王町屋台囃子保存会に伝える。
→美茂呂町水神宮の警備・河川等使用など実行委員会から相談いただき、一緒に活動。
 ・ 規則正しい生活習慣の確立
  (ノーテレビ・ノーメディアの日制定の働きかけ、スマホの利用教育など)
→自民党県議団 親学議員連盟に所属。H28年3月議員発議による「ぐんま家庭教育応援条例」を議決
→H27年11月一般質問にて、外国籍児童・生徒の日本語支援について取り上げ更なる充実を要望。H28年度から日本語指導専門教員が、伊勢崎市で1名増の17人になる予定。
→公立高校入試に外国人規定の明確化を28年9月一般質問で取り上げ、30年度から変更予定。29年2月16日の読売新聞県内版に掲載される

高齢化社会に向けた取り組み

 ・ 生きがいのある高齢者生活の提案・制度作り
  (ボランティア活動や地域の居場所作り)
→3か所のミニデイサービス視察。
 ・ 高齢者介護支援ボランティア事業の充実
 ・ 地域包括ケアシステムの構築
  (介護・予防・医療・生活支援・住まいの5つのサービスの提供)
  と先進事例の情報収集と提供

社会基盤の整備と再構築と環境保全

 ・ 県道・河川・流域下水道・県有施設の整備と保守管理
→県が計画している五料橋北側の利根川堤防改修計画について、柴町区長に資料提供。
→井野代議士と協力し、五料橋付近の中州雑木林の伐採を依頼し、実施済み。
→境上武士地区の粕川堤防の崩れの状況を住民から頂き、土木事務所に繋ぐ。緊急修繕済み。伊与久地区にある粕川堤防道路にはみ出している草など処分して頂く。馬見塚三つ橋町群馬銀行さん付近交差点に雨だまりの解消を豊受小学校保護者から要望頂き、土木事務所に対応頂く。
 ・ コンパクトシティの研究・提案
 ・ ごみ排出量の削減
 ・ 再生エネルギー普及促進
→県内企業から太陽光発電や小水力発電などのお尋ねで関係機関を紹介。

安心安全街づくり

 ・ 警察行政の充実
→伊勢崎警察署へ新たな信号設置の要望を地元区長さんと協力し、7基要望。また、渋滞解消のため、本庄市から坂東大橋を渡った最初の信号の右折マーク時間の延長を依頼し、変更済み。
→南千木町にある伊勢崎高校付近の国道354バイパス交差点に右折信号を地元区長さんと連名で要望し、28年11月設置済み
→戸谷塚町の上武大学付近 通称柴駒線に手押し信号を大学・地元区長と連名で要望し、29年3月に設置済み
→名和小学校付近の名和幹線から派生する自動車が通学の児童に危険との見解の元、校長・堀口・中・柴町区長と警察署に交通規制を要望し、29年3月実施済み。
 ・ 防災教育の充実や防災士資格取得の助成提案
→H28年から県主催による防災士資格取得講座を開催(約5万円程度の助成効果)。事業内容の確認や外国籍の防災リーダーの育成を県へ要望。

より開かれた県議会

 ・ 自身のHP(ホームページ)などを活用し、議員活動の見える化に取り組みます
   (市議会時代同様)
→毎日ホームページのブログ(活動日記)を更新。H27年6月後援会役員・支部長向けに県政報告会を実施。H27年11月一般質問の傍聴をお知らせし、約200名の皆様に傍聴頂く。
→28年9月一般質問の傍聴も約200名の皆様に傍聴頂く。29年6月予定しています。
 ・ 議員提案条例を増やすよう努めます
→「ぐんま家庭教育応援条例」制定
 ・ 県政報告会を開催します
→H28年5月に17会場で実施。29年も実施します。

観光立県ぐんま

 ・ 観光立県ぐんまを目指し、自然・温泉・食べ物(・お土産)等をPR!!
→H27年度 観光・世界遺産に関する特別委員会に所属。世界遺産 田島弥平旧宅へ誘導する道路表示看板の増設を要望し、4基増設。また、知事あての委員会提言書に、@県内3か所あるラムサール条約湿地群の活用 A観光ビッグデータの活用 B本年から週実になった8月11日「山の日」と群馬百名山の活用など提案し、提言書に取り入れられた。
→28年 産経土木常任委員会にて、田島弥平旧宅へ誘導する道路表示看板の更なる増設を要望し、29年9月までに国道17号バイパス 岡部の道の駅付近に設置予定との回答有。また、山梨県などに倣い群馬百名山手帳の作成を要望。
→ 市議会議員時の政策課題と達成率
| HOME | 活動内容 | プロフィール | 政策課題 | 後援会へご入会 | ご意見 | 群馬県ホームページ | 伊勢崎市役所ホームページ |
CopyRIght (C) Isao YamatoAll Rights Reserved
Web制作 アバウトネット